2015年05月12日

No.110【宮城県南部探索-2014年6月-(5)】タケオカ/アビーキャロット

昨日更新できなかったので、
昨日の分を今日更新、今日の分を明日更新とします。

No.110 タケオカ/アビー (2).JPG No.110 タケオカ/アビー (1).JPG
(クリックで画像拡大します。)

タケオカ/アビーキャロット
生産期間:1988-(詳しい年式等は不明)


前回の三菱・ローザまでは仙台圏からの紹介でしたが、
今回から本格的に宮城県南部の探索に入ります。

まずはタケオカ自動車工芸が制作しているミニカー「アビー」を発見。
写真のは4型で、「アビーキャロット」といいます。
現在もオーダーメイドで販売されているとか。

草ヒロとして紹介するかどうか迷いましたが、
明らかに現役でないのと、割りと珍しいんじゃないかということで
紹介させて頂きました。


<撮影地:宮城県南部>
<撮影時期:2014年6月>
posted by どんぐり at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の車種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

No.037.5【GW谷間の岩手探索2014(番外編)】鉄道の廃車体

5台のギャランGTOを収穫して、次なる目的地へ向かう途中に立ち寄ったのがここ。

037.5 鉄道車両 (1).JPG 037.5 鉄道車両 (9).JPG 037.5 鉄道車両 (8).JPG
(クリックで画像拡大します。)

鉄道の草ヒロ(?)です。草ヒロというよりは、単純に廃車体と言ったほうがいいかな?
昔はこのあたりにもよく来ていたので、是非写真に収めたいと思い立ち寄りました。
かつては、喫茶店かレストランとして営業していたはずですが、
今は建設会社の敷地となっており、資材置き場と化しているようです。

手前から一気に紹介していきましょう。


037.5 鉄道車両 (1).JPG 037.5 鉄道車両 (2).JPG
(クリックで画像拡大します。)

国鉄ヨ6000形貨車(ヨ6664)
生産期間:1962-1969

この個体だけ何故か綺麗にお色直しがされています。
いわゆる車掌車ってやつでしょうかね。
ヨ6000形は、1962-1969年までに871両製造され、1987年には廃形式となったようです。


037.5 鉄道車両 (9).JPG 037.5 鉄道車両 (3).JPG

国鉄485系電車(サシ481-48)
生産期間:1972-1973

食堂車です。
新幹線も無い時代、東北の在来線の長い旅路には必須だったのでしょうが・・・

この個体は、国鉄485系電車の中期(1972-1973年)に製造された車両で、青森に配属され活躍していたようです。
製造会社は川崎重工業とのこと。

状態は、この鉄道車両の並びの中では一番酷く、
塗装がかなり薄くなっており、向かって左上の部分は部品が取れかかっていました

サシ481形食堂車は、1989年には廃形式となったようです。


037.5 鉄道車両 (8).JPG 037.5 鉄道車両 (6).JPG 037.5 鉄道車両 (7).JPG037.5 鉄道車両 (5).JPG 037.5 鉄道車両 (4).JPG
(クリックで画像拡大します。)

国鉄ヨ5000形貨車(ヨ14305、ヨ14392)
生産期間:1959-1968(但し写真の物は元ヨ3500形で1953-1954年製造)

こちらも、いわゆる車掌車。
写真1枚目向かって左から、「ヨ14305」、「ヨ14392」です。

ヨ14305は裏側も覗くことが出来ました
どうやら表だけ色を塗っていたようで、裏は本来の色を見ることが出来ました。
また、裏側には「形式ヨ5000」と書いており、形式が判明しました。

「ヨ14305」は1953年国鉄新津工場製造、「ヨ14392」は1954年国鉄新小岩工場製造とあり、
元々は「ヨ3500形」だったと思われます。
(※ヨ3500形の多くは、最高速度を75km/h⇒85km/hに改良して、+10000の番号に改番してヨ5000形として再投入されたようです。)


<撮影地:岩手県盛岡市某所>
<撮影時期:2014年4月>
posted by どんぐり at 11:44| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の車種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする