2014年10月20日

No.047【仙台周辺地域探索2013-2014(6)】いすゞ/BR351P(国鉄バス)

お久しぶりです。
やっとこさ1ヶ月半ぶりの更新でございます。

実は今回の記事、9月頭には書き始めてたのですが、
何かの拍子で書いてた記事が消えてしまったのでした。
バックアップも取っておらず・・・。
もう一度書き直そうにも、今回の記事は結構濃いので、モチベーションが上がらず、
ここまで放置してしまいました。
他の記事を書くという手もあったのですが、それすらモチベーションが上がらず・・・。

見に来てくださっている皆様、本当に申し訳ありませんでした・・・。


047.いすゞの国鉄バス (1).JPG 047.いすゞの国鉄バス (12).JPG 047.いすゞの国鉄バス (7).JPG

047.いすゞの国鉄バス (14).JPG 047.いすゞの国鉄バス (13).JPG
(クリックで画像拡大します。)

いすゞ/BR351P(国鉄バス)
年式:1961年
車体:帝国自動車工業
車番:431-1632
※撤去されました。(2015年12月31日追記⇒こちらの記事を参照。)

クルマについて
郊外のロードサイド店舗群の奥、時代から取り残されたような場所に、
いかにも古そうなバスがありました。
敷地内は何かの工場だったと思われますが、現在は廃業している様子。
付近には食器類が散乱していました。

側面を見ると、国鉄バスと書いてあります。
1枚目の写真を見ていただくと、「431-1632」とありますが、これにはちゃんと意味があるそうです。
詳しくはwikipediaさんなどを参照。

このバスの場合・・・
4・・・室内長7800mm以上8600mm未満(大型ショート系)
3・・・前向き座席
1・・・いすゞ
1・・・西暦xxx1年式
6・・・「4: 冷房付き・板ばね」を改造して、空気ばねにしたと思われる。
32・・・固有番号
ということになる・・・と思います。違ってたらすみません(汗)

ちなみに、このバスを紹介されているサイト様が他に2ヶ所ございます
(車名や車番で検索すればヒットするはずです。)
このバスの詳細は、そちらで結構詳しく書かれているので、
当ブログでは、この程度に留めておこうと思います。

尚、「BR351P」という車名も、1961年式ということも他サイト様からの情報で、
私には現地調査・机上調査でも全く分かりませんでした・・・。


車内の様子について
ということで、当ブログでは、車内の様子をメインに紹介していきたいと思います。

@フロントから
047.いすゞの国鉄バス (2).JPG
(クリックで画像拡大します。)

割れたフロントガラスから奥を覗いたものです。
他サイト様の写真だと、2005年時点では板張りされていたようです。


A前方側面から
047.いすゞの国鉄バス (3).JPG 047.いすゞの国鉄バス (4).JPG
(クリックで画像拡大します。)

前方の車番が書いてある辺りから運転席のほうを撮影。
よくよく見ると、車体製造の「Teikoku Body」(帝国自動車工業)のマークが。


B中扉から
047.いすゞの国鉄バス (8).JPG 047.いすゞの国鉄バス (9).JPG 047.いすゞの国鉄バス (11).JPG
(クリックで画像拡大します。)

ステップが朽ちている・・・。


C中扉からちょっと身を乗り出して・・・
047.いすゞの国鉄バス (10).JPG 047.いすゞの国鉄バス (6).JPG 047.いすゞの国鉄バス (5).JPG
(クリックで画像拡大します。)

1枚目がフロント方面、2枚目がリア方面の撮影。
雑多に荷物が置かれています。
外からのリアの様子は草木に覆われて見えませんでしたが、
この写真で、後ろの窓が2枚に分かれているのが確認できます。
3枚目は、窓に複数枚貼ってあった「国鉄ダイヤ全面大改正」のシール。


<撮影地:宮城県仙台周辺地域>
<撮影時期:2014年7月>
posted by どんぐり at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | いすゞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

No.013【石切場跡探索(13)】いすゞ/ベレットGT

いすゞ/ベレット (1).JPG いすゞ/ベレット (2).JPG
(クリックで画像拡大します)

ベレットGT(PR90型・1600GT)
生産期間:1964−1973


通称ベレGです。

おそらく、このシリーズの中では最も崩壊が激しい個体のひとつでしょう。
これから紹介する他の個体にも言えますが、特にフロント部分がひどく、残ったのはライト1つだけ
真夜中に見たら、あとで夢に出てきそうです。
屋根もフロント部分は崩れ去っています。

リア部分は原型は分かるものの、なんだかトランク部分は左方へ沈んでしまっています
草ヒロ探検隊様がこの半年後に撮影したものを見ると、さらにひしゃげてしまっている様子。
それでも「1600GT」のエンブレムは、無傷で頑張っていました。

ちなみに、テールランプが小さいので、初期型のベレットGTになります。


<撮影地:非公開>
<撮影時期:2013年11月>
posted by どんぐり at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | いすゞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする