2014年07月03日

No.023【石切場跡探索(23)】日産(ダットサン)/ブルーバード

023ダットサン/ブルーバード (2).JPG 023ダットサン/ブルーバード.JPG 023ダットサン/ブルーバード (3).JPG
(クリックで画像拡大します)

ダットサン/ブルーバード(3代目・510型)
生産期間:1967−1972


長かった石切場シリーズも残すところあと3回でございます。
最後は、右端に並ぶ3台をご紹介します。

2ドアクーペタイプの3代目ブルーバード、510型系です。
2ドアクーペは1968年11月以降に販売開始となりました。

運転席側のドアが特に激しく朽ちており、そろそろ脱落してしまいそうです。
フロントのバンパーは欠落しており、ライトも4つあるうちの1つが取れかかっている以外は無くなっています。

リアに回ると、510型クーペに特徴的な、
内から外へ流れるタイプの所謂「3連リレー式ウインカー」を見ることができます。


<撮影地:非公開>
<撮影時期:2013年11月>
posted by どんぐり at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

No.017【石切場跡探索(17)】日産/スカイライン

017 日産/スカイライン (2).JPG 017 日産/スカイライン(1).JPG
(クリックで画像拡大します)

日産/スカイライン(3代目・C10型)
生産期間:1968−1972


3代目スカイライン、通称ハコスカです。
2ドアハードトップですね。

例によって顔面崩壊しているので、前期型とか後期型とかの別はよく分かりません。
しかしこのヤード、全体的に後期型が多い気がするので、もしかしたら後期型かも?

この個体、顔面崩壊しているものの、
上に車を乗っけているにもかかわらず、ちゃんと形は保っています。
まぁ、流石にリア部分は沈んでしまっていますが・・・。


<撮影地:非公開>
<撮影時期:2013年11月>
posted by どんぐり at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

No.008【石切場跡探索(8)】日産/クリッパー

008日産・クリッパー2.JPG 008日産・クリッパー1.JPG
(クリックで画像拡大します)

日産/クリッパー(2代目)
生産期間:1966−1976

続いては、クリッパーです。楕円型グリル&ライトが4つの2代目です。

エンブレムが「PRINCE」ではなく、「NISSAN」となっているので、2代目でも末期のモデルと思われます。
フロントのウィンカーがあることや、グリルの十字が左右対称になっていることから、
1972〜1973年以降のモデルと推測されます。

先に紹介したマツダ・E2500と同様に、こちらも荷台に乗用車を乗せております。
乗用車の重みで、荷台部分は結構下に沈んでおります。
(荷台部分と乗用車は次回紹介予定です。)

キャブ部分は、かつてブルーシートで覆われていたようですが、意味を為さなくなってしまっています。
そのブルーシートの重しとして使われていたであろうタイヤの重みで、屋根がつぶれそうになっています。


<撮影地:非公開>
<撮影時期:2013年11月>
posted by どんぐり at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

No.004【石切場跡探索(4)】 日産/チェリー

004日産・チェリー1.JPG 004日産・チェリー2.JPG
(クリックで画像拡大します)

日産/チェリー(初代・E10型)
生産期間:1970−1974


今回から奥にある個体を順に紹介していきます。

まずは、トラックの荷台に上がっている初代チェリーから。
初代チェリーと言えば、クーペがよく話題になりますが、
セダンやライトバンまでラインナップされています。

写真の個体は4ドアタイプのセダンになります。
フロント部分は荷台にくっついていて、写真に収めることはできませんでしたが、
あまり良い状態でなかったと記憶しています。

テールライトが小さいので、1972年6月までの前期型になります。


<撮影地:非公開>
<撮影時期:2013年11月>
posted by どんぐり at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする