2015年12月13日

No.151【宮城県南部探索-2014年6月-(24)】三菱/ミニキャブELバン

イベントレポートは中断し、
宮城県南部探索を再開します。


No.151 三菱/ミニキャブ (1).JPG No.151 三菱/ミニキャブ (2).JPG

No.151 三菱/ミニキャブ (3).JPG No.151 三菱/ミニキャブ (4).JPG
(クリックで画像拡大します。)

三菱/ミニキャブ(初代後期型・ミニキャブELバン・スーパーデラックス)
生産期間:1971-1976


初代前期型のミニキャブバン(通称ドロンパ)からの
マイナーチェンジで誕生したミニキャブELバンを発見。
(トラックはフルモデルチェンジしてミニキャブELへ。)
ELでエルと読むらしいです。

前期型ドロンパとの違いは、両ライト間のダミーグリル、
それに伴う「MINICAB」エンブレム位置の変更(下部へ)が大きなところでしょうか。

写真の個体は、廃屋の入口の陰に佇んでいて、
ちょっとジメジメしていますが、
外回りの欠品は意外にもほとんどありません。

車検ステッカーは昭和51年12月と読めるのですが、
そうすると、最大でも6年弱しか使われていないことになります。
(販売期間が昭和46〜51年なので・・・)

リアのエンブレムから、
グレードは「Super Deluxe」でした。


<撮影地:宮城県南部>
<撮影時期:2014年6月>
posted by どんぐり at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱・三菱ふそう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。