2015年07月25日

No.013-1【石切場跡探索2015(1)】 いすゞ/ベレットGT(2015年版)

毎週水曜日と言っておきながら、
今週はほとんど更新に手が回らず、土曜日の投稿となってしまいました。
申し訳ございません・・・。

尚、本シリーズの記事タイトルの「No.」の部分は、
2013年11月探索時のNo.の枝番表記にさせて頂いています。

さて・・・。
明らかに重機が入ったと分かるような入り口から、まず目に入るのは、
何かのオブジェみたいに成り果てた、いすゞ・ベレットGTの痛々しい姿。

No.013-2 いすゞ/ベレットGT(2015年版)  (1).JPG No.013-2 いすゞ/ベレットGT(2015年版)  (5).JPG
No.013-2 いすゞ/ベレットGT(2015年版)  (3).JPG No.013-2 いすゞ/ベレットGT(2015年版)  (8)-1.jpg
(クリックで画像拡大します。)

ベレットGT(PR90型・1600GT)
生産期間:1964−1973
<撮影時期:2015年6月>

以前はもっと崖寄りにあったものが、入り口近くまで引っ張り出されています。
ベレGは、元々特にフロント部の損傷が激しかったせいか、
移動中に千切れて、後ろだけ残ったものと思われます。

No.013-2 いすゞ/ベレットGT(2015年版)  (7).JPG No.013-2 いすゞ/ベレットGT(2015年版)  (6).JPG
(クリックで画像拡大します。)

↑前から見るとこんな感じ。
もはや面影が何もない・・・。
立てかけてあるドアから、何とも言えない侘しさを感じます。

No.013-2 いすゞ/ベレットGT(2015年版)  (2).JPG No.013-2 いすゞ/ベレットGT(2015年版)  (4).JPG

こんな姿になってもなお、リアサイドとリアに残り続ける「1600GT」のエンブレム。
「俺はベレGなんだ!」と必死に主張しているのかと思うと泣けてきます・・・。


ちなみに、2013年11月時点はこんな感じでした↓
013いすゞ/ベレット (2).JPG 013いすゞ/ベレット (1).JPG
(クリックで画像拡大します。)
初出⇒No.013【石切場跡探索(13)】いすゞ/ベレットGT
<撮影時期:2013年11月>

この状態だと、移動中の崩壊も止む無しか・・・
posted by どんぐり at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | いすゞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422961987

この記事へのトラックバック