2014年07月18日

No.033【GW谷間の岩手探索2014(3)】三菱/コルトギャランGTO

033 三菱/ギャランGTO (1).JPG 033 三菱/ギャランGTO (2).JPG 033 三菱/ギャランGTO (3).JPG
(クリックで画像拡大します。)

三菱/コルトギャランGTO MR
生産期間:1970−1977(MRは1973年まで)


道路沿いの民家脇に堂々と置かれていたのが、1970年発売のギャランGTO
白地にオレンジのラインが入ったデザインで、
フロントグリルに「GTO」のエンブレムが輝きます。

この個体は、その中でも最高グレード、DOHCエンジン搭載のMR型です。
ボンネットのエアダクトが印象的です。
なお、MR型は1973年の排ガス規制までの販売となります。

リアに回ると、サビは所々浮いているものの、
「GTO」「Galant」「MR」とエンブレムの類はしっかり残っておりました。
元はブルーシートにくるまっていたのか、その痕跡が残っています。


<撮影地:岩手県内陸中部>
<撮影時期:2014年4月>



さて、このギャランGTOの発見を皮切りに、まさかの展開が待ち受けていたのでした・・・


posted by どんぐり at 08:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 三菱・三菱ふそう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

MRとはこれまた貴重ですね。
ストライプも残っていて外見は欠品も無さそうですし
このまま朽ちさせるにはあまりにも惜しいですね。
そしてGS−Rですか。当時モノ風のアルミが付いていますね。シャシーが着地しているので復活は厳しいでしょうね。
Posted by ごるたけ at 2014年07月22日 00:15
>ごるたけ様

MR型って珍しいんですね〜!
初期型にしか設定されてませんからね。

状態が良いのは、ブルーシートに包まっていた時期があったからでしょうかね。
オリジナルカラーなのもポイント高しです。

次に紹介したGS-Rは、今回のMRに比べると、やはりコンディションは数段落ちますね。
Posted by どんぐり@管理人 at 2014年07月23日 12:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。