2014年07月08日

N0.001-No.025【石切場跡探索(終)】総括。

この地を最初に訪れたのは、2013年6月のこと。
この周辺の道路をレポートしているサイトで、たまたま存在を確認し、訪問に至りました。

001-025石切場の草ヒロ達(夏) (1).JPG 001-025石切場の草ヒロ達(夏) (2).JPG

001-025石切場の草ヒロ達(夏) (3).JPG 001-025石切場の草ヒロ達(夏) (4).JPG
(クリックで画像拡大します。)

ただ、夏本番に突入する6月では藪が激しく、中に入ることまではできませんでした。
再訪を決意し、冬も間近となったころに1台毎の撮影をするに至りました。

そして、今年5月からの更新再開に繋がります。
001-025石切場の草ヒロ達 (2).JPG 001-025石切場の草ヒロ達 (1).JPG 001-025石切場の草ヒロ達 (3).JPG
(クリックで画像拡大します。)

誰がこの石切場跡に廃車達を置いたのか。解体屋さんなのか、マニアの方なのか・・・。
謎は多いですが、幸いにも人目につかない山道という立地で、
こうして撤去されずに残っている、奇跡の廃車ヤード。
今後もこのままであり続けて欲しいです。

今回の撮影では、興奮のあまり、フロントビューを撮り忘れた個体が数台あります。
今年の秋に、またこの地を訪問する予定です。
時間の許す限り、今後もちょくちょく訪れてみたいと思います。

<完>


次回からは、今年4月の宮城県、岩手県での探索成果をお届けします。
合わせて十数回程度の更新を予定しております。
ラベル:石切場跡探索
posted by どんぐり at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 複数車種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。