2015年01月30日

No.096【宮城県中部探索-2014年5月-(16)】フォード/クラブワゴン

シリーズも終盤に突入。
今回からラストにかけては、外車専門(?)の自動車工場に置かれている旧車たちを紹介します。
厳密には草ヒロといえるものは登場しませんが、
ご覧いただければ幸いです。

No.096 フォード/クラブワゴン (4).JPG No.096 フォード/クラブワゴン (1).JPG

No.096 フォード/クラブワゴン (3).JPG No.096 フォード/クラブワゴン (2).JPG
(クリックで画像拡大します。)

フォード/クラブワゴン
生産期間:1983-1991


フォード・Eシリーズと呼ばれるものだそうで、
コチラの写真の個体は、1975-1991年に生産されたモデル。
1983年に、フォードの"Blue Oval" ロゴがフロントグリルに装着されたということで、
写真の個体は1983年以降のものになります。

バンモデルはエコノライン、乗用モデルはクラブワゴンと呼ばれるのだそうです。
写真の個体はリアに「CLUB WAGON」のエンブレムがあったので、乗用モデルになります。

一見、3桁ナンバー付きなので現役にも見えますが、
定期点検のステッカーは平成21年でストップしていました。
なお、道路沿いギリギリまで出しゃばっているため、フロント正面からの撮影はできませんでした。


<撮影地:宮城県中部>
<撮影時期:2014年5月>
posted by どんぐり at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 外車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

No.094-095【宮城県中部探索-2014年5月-(14)-(15)】ホンダ/Z(その3・4)

No.094-095 ホンダ/Z(その3・4).JPG
(クリックで画像拡大します。)

ホンダ/Z
生産期間:1970-1974(黄色の方は1972年以降の後期SA型


敷地の一番奥には、またもやホンダZがいました。

YouTubeで草ヒロ画像を投稿されている方も、
同じ場所を掲載されていましたが、
やはり、元々は2段重ねだったようで、
時を経て落下してしまったようです。

落下したほうは、フロントグリルから後期型と判断しましたが、
下のほうは、いつ頃のモデルかは良く分かりません。


以上を持って、このヤードからの紹介は終了いたします。


<撮影地:宮城県中部>
<撮影時期:2014年5月>
posted by どんぐり at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

No.093【宮城県中部探索-2014年5月-(13)】スズキ/フロンテクーペ(その4)

No.093 スズキ/フロンテクーペ(その4) (2).JPG No.093 スズキ/フロンテクーペ(その4) (1).JPG
(クリックで画像拡大します。)

スズキ/フロンテクーペ
生産期間:1971-1976


さらにもう1台、フロンテクーペがいました。
ここの自動車屋さんはスズキ系なのですが、
それにしても、何故こんなにフロンテクーペばっかり
ピンポイントで置かれているのか・・・。

写真の個体は、ボンネットの形状から、
セルボではなくフロンテクーペと判断しました。
緑色のボディで、草むらと一心同体になりつつあります・・・。


<撮影地:宮城県中部>
<撮影時期:2014年5月>
posted by どんぐり at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スズキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

No.091-092【宮城県中部探索-2014年5月-(11)-(12)】スズキ/フロンテクーペ(その2・3)

No.091-092 スズキ/フロンテクーペ(その2・3).JPG
(クリックで画像拡大します。)

スズキ/フロンテクーペ
生産期間:1971-1976


前々回の記事に引き続き、幹線道路沿いにフロンテクーペがもう1台・・・
あれ、下に、さらにもう1台いらっしゃる!!

下段の1台は、ほぼ草むらに飲み込まれてしまっています。

上段の1台は、よく乗っかったままでいられるものです。
でも、この分だと下段の車が耐えられなくなって、落下してしまう日も近いかもしれません。


ちなみに、後継のセルボも似たような造形をしており、
尚且つ見分け方の決め手となるフロント部分が見えないため迷いましたが、
一応、前々回の記事もフロンテクーペだったし、たぶんフロンテクーペだろうという
曖昧な憶測のもと、フロンテクーペということにしました(笑)


<撮影地:宮城県中部>
<撮影時期:2014年5月>
posted by どんぐり at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | スズキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

No.090【宮城県中部探索-2014年5月-(10)】ホンダ/Z(その2)

No.090 ホンダ/Z(その2) (1).JPG No.090 ホンダ/Z(その2) (2).JPG
(クリックで画像拡大します。)

ホンダ/Z
生産期間:1970-1974
(今回は下の水色の個体を紹介します。上の個体は前回紹介済み。)


前回のフロンテクーペの下には前々回に引き続きまたもやホンダ・Zがいました。
今回は水色の個体でした。

今回もグレード等は分からず、フロントは草に覆われて確認出来なかったので、
いつ頃のモデルかも分からずじまいでした。
リアの画像も逆光で微妙な感じに・・・。

それにしても、上のフロンテクーペは、なかなか絶妙なバランスで乗っかっているなぁ・・・。


<撮影地:宮城県中部>
<撮影時期:2014年5月>
posted by どんぐり at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

No.089【宮城県中部探索-2014年5月-(9)】スズキ/フロンテクーペ

No.089 スズキ/フロンテクーペ (1).JPG No.089 スズキ/フロンテクーペ (2).JPG
(クリックで画像拡大します。)

スズキ/フロンテクーペ
生産期間:1971-1976


前回の記事にもチラッと写っていましたが、
敷地の奥に旧車が2台積まれていました。

その上段に乗せられているのは、「セルボ」の前身、
ジウジアーロデザインの「フロンテクーペ」です。
スポーティーな外観が特徴的ですね。

元の色のおかげで(?)あまり目立っていませんが、サビが随所に浮き出ており、
フロント部分を中心に、やや崩壊も見られます。


<撮影地:宮城県中部>
<撮影時期:2014年5月>
posted by どんぐり at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スズキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

No.088【宮城県中部探索-2014年5月-(8)】ホンダ/Z

No.088 ホンダ/Z (1).JPG No.088 ホンダ/Z (2).JPG
(クリックで画像拡大します。)

ホンダ/Z
生産期間:1970-1974


前回紹介の「スバル・R-2」の左隣には水中メガネこと「ホンダ・Z」がいました。

・・・が、残念ながら、シートに覆われているため、
チラッと見えるドアの形状から、Zだと分かるものの、
いつ頃のモデルかは分かりません。

お顔を拝見したかったなぁ、と思いながら、
帰ってからGoogleのストリートビューさんで検索したところ、
下記参考画像のとおり、フロント部分を見ることが出来ました。


<撮影地:宮城県中部>
<撮影時期:2014年5月>


<参考画像>
No.088 ホンダ/Z (ストビュー).jpg
(クリックで画像拡大します。)

というわけで、Googleのストリートビューさんが2011年に撮影した画像を転載させていただきます。
この頃は逆に、前回紹介した「スバル・R-2」がシートで顔を覆われているのに対して、
今回紹介の「ホンダ・Z」はシートから顔を出していました。
3年の間に、逆転現象が起こっていたようです(笑)

結局、画像からいつ頃のモデルかは判別し難いところですが、
フロント部分が見れたので良しとしましょう(笑)
posted by どんぐり at 08:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

No.087【宮城県中部探索-2014年5月-(7)】スバル/R-2

No.087 スバル/R-2.jpg
(クリックで画像拡大します。)

スバル/R-2(後期型)
生産期間:1969-1973(後期型は1971年以降)


引き続き前回、前々回と同じヤードから。
スバル360の後継として発売された、スバル・R-2です。

写真の個体は、1971年以降の、
ゼブラマスク」と呼ばれるフロントグリルの後期型です。
88 宮」の白い旧式軽ナンバーをつけています。

Googleのストリートビューさんによれば、
2011年頃はシートでお顔が隠れていたようですが、
約3年の時を経て、シートから顔を出すことができたようです。


<撮影地:宮城県中部>
<撮影時期:2014年5月>
posted by どんぐり at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | スバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

No.086【宮城県中部探索-2014年5月-(6)】三菱/ミニカエコノ

No.086 三菱/ミニカエコノ (1).JPG No.086 三菱/ミニカエコノ (2).JPG
(クリックで画像拡大します。)

三菱/ミニカ(4代目後期型・ミニカエコノ)
生産期間:1981-1984


引き続き、前回のルーチェがいるヤードのシリーズです。

4代目ミニカバン(1977-1984)の前期型はミニカ55バンと呼ばれておりましたが、
写真の個体は、1981年マイナーチェンジ以降のミニカエコノと呼ばれるものです。

草ヒロというよりは、中古車という感じですねー。
車検シールを撮影し忘れましたが、つい最近まで現役だったはずです。

かなり大事に乗られていたのか、キズ一つない綺麗な個体です。
30年以上経っている車とは思えません。


<撮影地:宮城県中部>
<撮影時期:2014年5月>
posted by どんぐり at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 三菱・三菱ふそう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

No.085【宮城県中部探索-2014年5月-(5)】マツダ/ルーチェ

No.085 マツダ/ルーチェ (1).JPG No.085 マツダ/ルーチェ (3).JPG

No.085 マツダ/ルーチェ (2).JPG No.085 マツダ/ルーチェ (4).JPG
(クリックで画像拡大します。)

マツダ/ルーチェ(初代・1800デラックス)
生産期間:1966-1972(1800ccは1968年以降)


今度は、また別のヤードにやってきました。

その看板車(?)として置かれているのが、このジウジアーロデザインの初代ルーチェ
ボンネットの傷み具合が少々気になりますが、割と良いコンディション。
宮55」のナンバープレートつきです。
リアにあるKENWOODのスピーカーが目立ちます。

エンブレムの類も、「MAZDA」「Luce」「1800」「Deluxe」
どれも綺麗に残っていて、
1968年追加の1800ccモデルで、グレードはデラックスであることが分かります。


No.085 マツダ/ルーチェ (5).JPG No.085 マツダ/ルーチェ (6).JPG
(クリックで画像拡大します。)


<撮影地:宮城県中部>
<撮影時期:2014年5月>
posted by どんぐり at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする