2014年10月31日

No.052【福島県北部〜中部探索-2014年5月-(4)】三菱/ギャラン

052.三菱/ギャラン (1).JPG 052.三菱/ギャラン (2).JPG

052.三菱/ギャラン (6).JPG 052.三菱/ギャラン (7).JPG
(クリックで画像拡大します。)

三菱/ギャラン(2代目後期型)
生産期間:1975−1977


峠に向かう上り坂の途中、自動車工場と民家の間の草むらに、
2代目ギャラン、通称ニューギャランがいました。

これも私が福島に住んでいた頃から知っている個体で、
近づいて撮影に至ったのは今回が初めてです。
1回目の探索でも付近を通っていたのですが、
やや近づき辛い場所の為、2回目の探索に回しました。


残念ながらフロントは物が置いてあって拝めませんでした
リアには「Galant」の「lant」の部分だけエンブレムが残っていました
フロントサイドにも「Galant」のエンブレムがありましたが、撮り損ねました・・・。

また、左右リアランプの間にグレードを示すと思われる「GL」のエンブレムがありました。
さらに、「Mitsubishi Clean Airsystem」の略「MCA」のエンブレムも外れかけながらも残っていたので、
これは昭和50年排出ガス規制以降のモデルということになります。

052.三菱/ギャラン (3).JPG
↑「Ga」が取れてしまったエンブレム(クリックで画像拡大します。)

052.三菱/ギャラン (4).JPG
↑「MCA」のエンブレム(クリックで画像拡大します。)

052.三菱/ギャラン (5).JPG
↑「GL」のエンブレム(クリックで画像拡大します。)


<撮影地:福島県北部>
<撮影時期:2014年5月>
posted by どんぐり at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱・三菱ふそう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

No.051【福島県北部〜中部探索-2014年5月-(3)】マツダ/パークウェイ

051.マツダ/パークウェイ.JPG
(クリックで画像拡大します。)

マツダ/パークウェイ(2代目)
生産期間:1982−1997


エコーのある釣り堀から少し行ったところに、マツダ・パークウェイの2代目がいました。

しかし、周囲に民家があることから思うように近づけず、
またしても望遠での撮影となってしまいました。

しかも、フロントの写真が撮れなかったので、
どの時期のものなのか全く見当もつきません。
80年代の年式なら嬉しいですが、1997年まで生産していますからねぇ・・・。


<撮影地:福島県北部>
<撮影時期:2014年5月>
posted by どんぐり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

【お知らせ】ブログランキングに参加してみました。

毎度ブログをご覧いただきありがとうございます。
管理人の「どんぐり」です。

このたび、前々からコロニーさんのブログを見ながら参加したいと思っていた、
ブログランキングに参加してみることにしました!


草ヒロ ブログランキングへ


旧車・クラシックカー ブログランキングへ

皆さん、1日1クリックで応援よろしくお願いします!(笑)
posted by どんぐり at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

No.049-050【福島県北部〜中部探索-2014年5月-(1)〜(2)】日産/エコー(+α)

2014年5月の土曜日を2回使って福島県北部〜中部を探索してきました。

1回目は宮城県での探索がほとんど(これは後ほどシリーズを組む予定)で、
福島県内の収穫はわずか3台。このため、2回目とシリーズを統合させました。

2回目は、1回目の探索での取りこぼしも含め、20台程度の収穫がありました。

撮影の時系列は2回目の探索に合わせております。
1回目の探索での撮影分は、2回目の探索で同じ撮影エリアを通っておりますので、そのあたりで紹介したいと思います。



前置きが長くなりましたが、さっそく1台目。
049.日産/エコー.JPG ⇒ 049.日産/エコー(2).JPG
(クリックで画像拡大します。)

日産/エコー(2代目)
生産期間:1966−1971


私、宮城に来る前は福島に住んでいたのですが、
その時から撮影のチャンスをうかがっていた1台。

とある釣り堀の奥に、2代目エコーが佇んでおりました。
近づこうとしたら、番犬に吠えられてしまったので、
望遠で何とか写真に収めました。

機会があれば、釣り堀の営業中にお邪魔して間近で撮影したいものですが、
いかんせん、私は釣りは趣味でないので・・・。

2代目エコーは、欠陥問題があったせいか、
後継車の初代シビリアンよりも草ヒロ発見率が高い気がします・・・。



で、タイトルで「+α」としていたのは、こちらです↓
049.日産/エコー+α.JPG ⇒ 049.日産/エコー+α(2).JPG
(クリックで画像拡大します。)

日産/サニーキャブ(C20Y型)
生産期間:1975−1978

2代目エコーの後ろに、こっそりとサニーキャブがいました。
単独記事として出すにはちょっと厳しかったので、この記事で「+α」としてまとめさせて頂きました。

更新再開後の記念すべき50台目が「おまけ」で出した個体になるとは・・・(汗


<撮影地:福島県北部>
<撮影時期:2014年5月>
posted by どんぐり at 19:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

No.048【仙台周辺地域探索2013-2014(7・終)】三菱/ミニキャブ型消防車

048.三菱/ミニキャブ型消防車 (1).JPG 048.三菱/ミニキャブ型消防車 (2).JPG

048.三菱/ミニキャブ型消防車 (7).JPG 048.三菱/ミニキャブ型消防車 (9).JPG
(クリックで画像拡大します。)

三菱/ミニキャブ型消防車(3代目・ワイド55?)
生産期間:1977?−1984?


おそらく宮城県内では結構有名な物件かと思われます。
某ファミレスの入口にモニュメント(?)として置かれている、
ミニキャブの顔をした消防車です。

しかし、ジープみたいなワイルドな座席に、なぜか前輪がダブルタイヤという謎仕様・・・。
こんな仕様があったとは思えないので、特注なのですかね・・・。
まさに唯一無二の存在ではないでしょうか(笑)

以下、細部の写真です。(すべてクリックで画像拡大します。)

048.三菱/ミニキャブ型消防車 (3).JPG
↑謎のダブルタイヤ。

048.三菱/ミニキャブ型消防車 (6).JPG
↑この写真で場所は大体分かっちゃうはず(笑)

048.三菱/ミニキャブ型消防車 (4).JPG 048.三菱/ミニキャブ型消防車 (8).JPG
↑操作盤。(1枚目が左側、2枚目が右側)

048.三菱/ミニキャブ型消防車 (11).JPG 048.三菱/ミニキャブ型消防車 (12).JPG
↑座席の後ろあたり。よく分からない(笑)

048.三菱/ミニキャブ型消防車 (10).JPG 048.三菱/ミニキャブ型消防車 (5).JPG 048.三菱/ミニキャブ型消防車 (13).JPG
↑ワイルドな座席部分(笑)。左側は乗って遊ばれないように柵がしてあった。
 シートは剥がされているので座れない(笑)
 走行距離は40,756.3kmだそうです。


<撮影地:宮城県仙台周辺地域>
<撮影時期:2014年8月>



今回をもって、本シリーズは終了となります。
次回から新シリーズ「福島県北部〜中部探索-2014年5月-」を開始いたしますので、お楽しみに!
posted by どんぐり at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 三菱・三菱ふそう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

No.047【仙台周辺地域探索2013-2014(6)】いすゞ/BR351P(国鉄バス)

お久しぶりです。
やっとこさ1ヶ月半ぶりの更新でございます。

実は今回の記事、9月頭には書き始めてたのですが、
何かの拍子で書いてた記事が消えてしまったのでした。
バックアップも取っておらず・・・。
もう一度書き直そうにも、今回の記事は結構濃いので、モチベーションが上がらず、
ここまで放置してしまいました。
他の記事を書くという手もあったのですが、それすらモチベーションが上がらず・・・。

見に来てくださっている皆様、本当に申し訳ありませんでした・・・。


047.いすゞの国鉄バス (1).JPG 047.いすゞの国鉄バス (12).JPG 047.いすゞの国鉄バス (7).JPG

047.いすゞの国鉄バス (14).JPG 047.いすゞの国鉄バス (13).JPG
(クリックで画像拡大します。)

いすゞ/BR351P(国鉄バス)
年式:1961年
車体:帝国自動車工業
車番:431-1632
※撤去されました。(2015年12月31日追記⇒こちらの記事を参照。)

クルマについて
郊外のロードサイド店舗群の奥、時代から取り残されたような場所に、
いかにも古そうなバスがありました。
敷地内は何かの工場だったと思われますが、現在は廃業している様子。
付近には食器類が散乱していました。

側面を見ると、国鉄バスと書いてあります。
1枚目の写真を見ていただくと、「431-1632」とありますが、これにはちゃんと意味があるそうです。
詳しくはwikipediaさんなどを参照。

このバスの場合・・・
4・・・室内長7800mm以上8600mm未満(大型ショート系)
3・・・前向き座席
1・・・いすゞ
1・・・西暦xxx1年式
6・・・「4: 冷房付き・板ばね」を改造して、空気ばねにしたと思われる。
32・・・固有番号
ということになる・・・と思います。違ってたらすみません(汗)

ちなみに、このバスを紹介されているサイト様が他に2ヶ所ございます
(車名や車番で検索すればヒットするはずです。)
このバスの詳細は、そちらで結構詳しく書かれているので、
当ブログでは、この程度に留めておこうと思います。

尚、「BR351P」という車名も、1961年式ということも他サイト様からの情報で、
私には現地調査・机上調査でも全く分かりませんでした・・・。


車内の様子について
ということで、当ブログでは、車内の様子をメインに紹介していきたいと思います。

@フロントから
047.いすゞの国鉄バス (2).JPG
(クリックで画像拡大します。)

割れたフロントガラスから奥を覗いたものです。
他サイト様の写真だと、2005年時点では板張りされていたようです。


A前方側面から
047.いすゞの国鉄バス (3).JPG 047.いすゞの国鉄バス (4).JPG
(クリックで画像拡大します。)

前方の車番が書いてある辺りから運転席のほうを撮影。
よくよく見ると、車体製造の「Teikoku Body」(帝国自動車工業)のマークが。


B中扉から
047.いすゞの国鉄バス (8).JPG 047.いすゞの国鉄バス (9).JPG 047.いすゞの国鉄バス (11).JPG
(クリックで画像拡大します。)

ステップが朽ちている・・・。


C中扉からちょっと身を乗り出して・・・
047.いすゞの国鉄バス (10).JPG 047.いすゞの国鉄バス (6).JPG 047.いすゞの国鉄バス (5).JPG
(クリックで画像拡大します。)

1枚目がフロント方面、2枚目がリア方面の撮影。
雑多に荷物が置かれています。
外からのリアの様子は草木に覆われて見えませんでしたが、
この写真で、後ろの窓が2枚に分かれているのが確認できます。
3枚目は、窓に複数枚貼ってあった「国鉄ダイヤ全面大改正」のシール。


<撮影地:宮城県仙台周辺地域>
<撮影時期:2014年7月>
posted by どんぐり at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | いすゞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする