2014年07月09日

No.026【宮城探索-2014年4月-(1)】トヨタ/チェイサー

今回から、今年4月の探索成果をアップしていきたいと思います。
宮城県から数台、岩手県から十台程度の紹介となります。

今回の更新は、石切場シリーズが大物連発でしたので、
ちょっと息抜きです。

026.トヨタ/チェイサー (3).JPG 026.トヨタ/チェイサー (1).JPG 026.トヨタ/チェイサー (2).JPG
(クリックで画像拡大します)

トヨタ/チェイサー(4代目・X80系)
生産期間:1988−1992


今回の探索は、手打ち蕎麦屋さんと日帰り温泉へ行ったときに、見つけたもの。

このチェイサーは、集落の交通安全を守るべく、偽パトカーとなって余生を送っていました。
ナンバープレートはお手製で、ちゃんと「110」を掲げています。
分類番号が3桁じゃないので、分類番号2ケタ時代からこの地で過ごしているのかもしれません(お手製ナンバーなので真偽のほどは分かりませんが)。

状態は良いように見えますが、フロントガラス〜助手席側ドアのガラスの上あたりに亀裂が見えます。

リアに回ると、こちらは道路側から見えないというのに、こちらにもしっかりとお手製ナンバープレートがあります。
Avante 2.5」のエンブレムがあるので2500t車のようです。
2500tは1990年8月マイナーチェンジ以降の追加なので、この個体は後期型のようです。

ちなみに、支部名はモザイクをかけさせて頂きました。
集落名が記載されており、場所が特定される恐れがあるので。


<撮影地:宮城県仙台周辺地域>
<撮影時期:2014年4月>


このチェイサーの発見を足掛かりに、ちょっとした大物発見に至ります。
それはもう少し後に出てきますのでお楽しみに。


posted by どんぐり at 08:10| Comment(3) | TrackBack(0) | トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。