2014年05月31日

No.011-012【石切場跡探索(11)】トヨタ(トヨペット)/クラウン&コロナマークU(前編)

011-012クラウン&コロナマークU (1).JPG 011-012クラウン&コロナマークU (5).JPG
(クリックで画像拡大します)

上:トヨタ/クラウン(3代目・S50系)
生産期間:1967−1971
下:トヨタ/コロナマークU(初代・T60系)
生産期間:1968−1973


当ブログは1記事1台を原則としてきましたが、
こういう並びになると、2台紹介せざるを得ないため、
苦肉の策として、前編・後編に分けてお送りします。

まずはフロント側から。リア側は後編にて。


上に乗っかっているのは、3代目クラウン
こちらは1969年マイナーチェンジ以降の後期型ですね。
敷地には余裕がたっぷりあるにもかかわらず上に積まれたのは、なぜなのか…

タイヤを履いてませんが、外したタイヤを下のコロナマークUとの間に挟んでいるようです。
そのせいで、余計にバランスを崩して倒れそうだが、大丈夫だろうか…


下でクラウンに押しつぶされそうなのが、コロナマークU
なぜクラウンを上にしてしまったのか…

こちらはグリルが無くなっており、年式などはよく分かりません。
恐らくイーグルマスクの1971年マイナーチェンジ以降の後期型と思われますが…
上のクラウンの影響なのか、ボンネットが特にひどく、穴が空いてボロボロです。


ちなみに、この2台の手前に前回紹介の3代目コロナがいますので、
コロナ、コロナマークU、クラウンと豪華なトヨタラインナップとなっております。


<撮影地:非公開>
<撮影時期:2013年11月>
posted by どんぐり at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

No.010【石切場跡探索(10)】トヨタ(トヨペット)/コロナ

010トヨペット・コロナ (1).JPG 010トヨペット・コロナ (2).JPG 010トヨペット・コロナ (3).JPG
(クリックで画像拡大します)

トヨペット/コロナ(3代目)
生産期間:1964−1970


ミラ・パルコを隔ててクリッパー側の廃車たちは、崩壊系が多くなっておりまして、
この3代目コロナも、かなりサビサビでございます。
フロントグリルの形状から、1967年マイナーチェンジ以降の後期型です。

先に紹介したルーチェのように、ボンネットが無いらしく、黒シートとタイヤで重しがされています。
左前ドアは、そろそろ脱落しそうな勢いですね。
全体的にサビがひどく、穴が開いている個所もありますが、
天井だけは割りと白さが残っている、そんな1台です。
リア部分は、物が雑多に置かれているので、3枚目の写真で限界です。


<撮影地:非公開>
<撮影時期:2013年11月>
posted by どんぐり at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

No.009【石切場跡探索(9)】マツダ/サバンナ

009マツダ・サバンナ.JPG
(クリックで画像拡大します)

マツダ/サバンナ(初代)
生産期間:1971−1978


クリッパーの荷台に乗っていたのは、マツダ・サバンナです。


・・・とは言っても、フロントもリアもよくわからなくなっちゃってます。
正直、自分では車種判定できませんでしたが・・・。

先にこの廃車ヤードの記事を上げていらっしゃる「草ヒロ探検隊」様では、この車は紹介されていませんでしたが、
記事のコメント返信で「ニッサンのクリッパーにサバンナが載る」と書いていたので、
なんとか特定に至りました。(ありがとうございました!)

サバンナの重さに耐えきれなくなってしまったのか、
クリッパーの荷台部分は、かなり沈んでしまっています。


<追伸>
上記のコメント欄でのやりとりの受け売りで大変恐縮ですが・・・、

先に紹介した「マツダ・E2500」の上には「日産・チェリー」
「日産・クリッパー」の上には「マツダ・サバンナ」という組合せで、
メーカー統一したら良かったのに・・・と思っちゃいますが、

先に紹介したルーチェ・チェリー・E2500の3台の並びは、
「ルーチェ」⇒「チェリー」⇒「E2500」と、しりとりになるようでして、
思わず、「なるほどね!」と思ってしまいました。


<撮影地:非公開>
<撮影時期:2013年11月>
posted by どんぐり at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

No.008【石切場跡探索(8)】日産/クリッパー

008日産・クリッパー2.JPG 008日産・クリッパー1.JPG
(クリックで画像拡大します)

日産/クリッパー(2代目)
生産期間:1966−1976

続いては、クリッパーです。楕円型グリル&ライトが4つの2代目です。

エンブレムが「PRINCE」ではなく、「NISSAN」となっているので、2代目でも末期のモデルと思われます。
フロントのウィンカーがあることや、グリルの十字が左右対称になっていることから、
1972〜1973年以降のモデルと推測されます。

先に紹介したマツダ・E2500と同様に、こちらも荷台に乗用車を乗せております。
乗用車の重みで、荷台部分は結構下に沈んでおります。
(荷台部分と乗用車は次回紹介予定です。)

キャブ部分は、かつてブルーシートで覆われていたようですが、意味を為さなくなってしまっています。
そのブルーシートの重しとして使われていたであろうタイヤの重みで、屋根がつぶれそうになっています。


<撮影地:非公開>
<撮影時期:2013年11月>
posted by どんぐり at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

No.007【石切場跡探索(7)】ダイハツ/ミラ・パルコ

007ダイハツ・ミラパルコ2.JPG 007ダイハツ・ミラパルコ1.JPG
(クリックで画像拡大します)

ダイハツ/ミラ・パルコ(2代目派生車種)
生産期間:1988−1990


1台だけポツンと場違いな年式の車が、こちらの2代目ミラ。

恐らく、先に紹介したミラやギャランと一緒の時期に運び込まれ、
空いたスペースに丁度いいとばかりに押し込まれたのでしょう。

このミラは、後期型から追加された女性仕様車「ミラ・パルコ」になります。
名前の通り、旧セゾングループのパルコとのコラボで生まれました。

E2500との位置関係は写真の通りで、
フロント部分がちゃんと撮れなかった原因でございます。


<撮影地:非公開>
<撮影時期:2013年11月>
posted by どんぐり at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイハツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

No.006【石切場跡探索(6)】マツダ/ルーチェ

006 マツダ・ルーチェ2.JPG 006 マツダ・ルーチェ1.JPG
(クリックで画像拡大します)

マツダ/ルーチェ(初代)
生産期間:1966−1972


チェリーとE2500の手前にいたのは、ジウジアーロデザインの初代ルーチェでした。
この置き場の中では、一番手前にいるので、最も目に入りやすい個体かもしれません。

何故かトランクが開けっ放しになっています。
ボンネットはどこかへ行ってしまい、タイヤと黒いシートで代用しております。

正確な年式や型式はよく分かりません。
しかし、私は現地での車内の確認はあまりしなかったので分からなかったのですが、
「草ヒロ探検隊」様の記事(⇒こちら)によれば、ヘッドレストが確認できたとのことで、
安全対策の仕様変更のあった昭和43年以降のモデル」のようだとのことです。


<撮影地:非公開>
<撮影時期:2013年11月>
posted by どんぐり at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

No.005【石切場跡探索(5)】マツダ/E2500

005マツダ・E2500 (1).JPG 005マツダ・E2500 (2).JPG
(クリックで画像拡大します)

マツダ/E2500
生産期間:1967−1971


チェリーを荷台に積んでいるトラックは、マツダ・タイタンの先代に当たるE2500です。
ネット上でもそんなに見かけないので、それなりにレアな個体じゃないかと。

荷台は重そうにしながらも、なんとか耐えて頑張っている様子。
所々サビが酷く、後々紹介する面々のことを考えれば、まだまだ原型を保っているほうかな。

肝心のフロント部分については、
右側に明らかに後から持って来られたと思われる場違いな年式の車が鎮座しているため、
無理矢理奥に回り込んで撮影した2枚目の写真が限界でございました。
ライトは左右それぞれ1個ずつ無くなっちゃってますね…

E2500の発売年は1967年ですが、
フロントグリルの形状とサイドマーカーから、1968年12月以降の後期型と判断できます。


<撮影地:非公開>
<撮影時期:2013年11月>
posted by どんぐり at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

No.004【石切場跡探索(4)】 日産/チェリー

004日産・チェリー1.JPG 004日産・チェリー2.JPG
(クリックで画像拡大します)

日産/チェリー(初代・E10型)
生産期間:1970−1974


今回から奥にある個体を順に紹介していきます。

まずは、トラックの荷台に上がっている初代チェリーから。
初代チェリーと言えば、クーペがよく話題になりますが、
セダンやライトバンまでラインナップされています。

写真の個体は4ドアタイプのセダンになります。
フロント部分は荷台にくっついていて、写真に収めることはできませんでしたが、
あまり良い状態でなかったと記憶しています。

テールライトが小さいので、1972年6月までの前期型になります。


<撮影地:非公開>
<撮影時期:2013年11月>
posted by どんぐり at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

No.003【石切場跡探索(3)】 ダイハツ/デルタ750

003ダイハツ・デルタ750-4.JPG 003ダイハツ・デルタ750-2.JPG
003ダイハツ・デルタ750-1.JPG 003ダイハツ・デルタ750-3.JPG
(クリックで画像拡大します)

ダイハツ/デルタ750(初代)
生産期間:1971−1979


パッと見て、初代ライトエースかな?と思って近づいたら、
ドア部分に「DELTA 750」のエンブレムを発見。

トヨタからOEM供給された、要するにライトエースの姉妹車、「デルタ750」でした!!
「750」は最大積載量を示し、「セブンハーフ」というなかなか洒落た読み方をします(笑)
残念ながらフロント部分は隠れていて撮れませんでした。

それでは、前座は終わりまして(笑)
次回から、いよいよ奥にいる往年の名車たちにスポットを当てていきましょう!


<撮影地:非公開>
<撮影時期:2013年11月>
posted by どんぐり at 16:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイハツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

No.002【石切場跡探索(2)】 三菱/ギャラン

三菱・ギャラン1 三菱・ギャラン2
(クリックで画像拡大します)

三菱/ギャラン(6代目・E30系)
生産期間:1987−1992


この置き場の中では最も新しい個体です。
三菱を代表する名車の1つですね。
あまり特筆すべきことは無いのですが…

リア画像から、奥にある旧車達との位置関係が
お分かり頂けるかと思います。

リアを見るに、事故車でしょうか…
フロントに三菱マークを掲げている一方、
リアにはMMCのエンブレムもありますねー。
グレードなどは確認しないで撮ったので、詳細は分かりません…


<撮影地:非公開>
<撮影時期:2013年11月>
posted by どんぐり at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 三菱・三菱ふそう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする